>オススメ情報>オメガなどの時計のオーバーホールを依頼する際に気を付けること

オメガなどの時計のオーバーホールを依頼する際に気を付けること

ウォッチ

長年使っているオメガをオーバーホールを依頼する前には、必ず修理内容を確認すべきです。オメガは1970年代にクォーツ時計が登場してから、製品のシェアを守るために最新技術を取り入れていきました。結果、オメガの機会式時計をオーバーホールを依頼するのに、物によっては修理業者では対応できない場合があります。純正パーツは一般修理業者に供給しなくなっています。そこで修理業者が部品を持っているので修理依頼を受ける場合、そのパーツは独自ルートで手に入れた物である可能性があります。結果、修理業者がオメガのオーバーホールを受けなくなるケースが多くなっています。正規メーカーに依頼するのが確実にオーバーホールができる方法になります。ただ、信頼できる修理業者を知っているのであれば修理ができるか相談し、受けてもらえるのであれば修理業者へ依頼をし、対応できないと回答されればメーカーへ依頼すべきです。

オメガでオーバーホールを依頼する時は修理代金の相場を確認が必要です。メーカーへオーバーホールを依頼し、純正部品などで修理をしてもらえば安心できますが、修理業者で修理するより高くなる傾向があります。なぜなら、メーカーは修理対応ではなく部品のパーツ交換を多くする傾向があります。例えば、シーマスターのオーバーホールを依頼した所、防水機能を維持するためケース交換が必要とし、見積もり価格が中古のシーマスターが買える金額になったと言うケースもあります。対して、修理業者に依頼をする場合はオーバーホール価格を安く抑えることができます。メーカーで修理代金が6万円とすると修理業者が平均価格3万円になります。ただし、修理業者がオメガの純正パーツを持っていないケースがあり、修理できないこともあります。相場の確認と事前に修理が可能か業者に確認することも大切なことになります。

腕時計