>オススメ情報>大切なオメガの時計はオーバーホールしよう

大切なオメガの時計はオーバーホールしよう

ウォッチ

オメガは高級機械式時計です。電池で駆動する時計と違い、バネとゼンマイで駆動します。長く動かすと中の潤滑油に粘りが出てきます。結果、部品が摩耗し、破損する原因になります。そこで、定期的にオーバーホールを行う必要があります。時計自体を分解し、各パーツを洗浄し、潤滑油を塗り直し、ムーブメントを組み直します。そしてケースに組み込みオーバーホールが完結します。しかし、時計はたえず身につける物なのでケースや風貌ガラスに傷がつきます。その結果、新品で購入した時よりくすんだように見えます。そこで、オーバーホールを行う時にムーブメントの分解修理だけでなく、ケースや風貌ガラスの傷の修復も行われます。竜頭も破損や傷などがあれば交換または修理となります。オーバーホールはムーブメントの中だけでなく時計全体を修復することでオメガを新品に近づけることができます。

オメガのオーバーホールはオメガへ依頼する場合も修理業者へ依頼する場合も流れは同じになります。まずは、時計を宅配で業者に送ります。業者は時計の状態を見て、見積もりを作成し、時計の持ち主に連絡します。持ち主は見積もりの価格を見て適切と判断すれば、業者へ修理依頼します。そこで、はじめてオーバーホールが開始されます。まずは、ケースからベルトを外します。そしてケースの中からムーブメントを取り出します。ムーブメントを分解していきます。分解した部品は超音波洗浄機で洗浄されます。汚れを落とした上で部品の状態をチェックし、摩耗や破損の見られる部品は新しい物に交換されます。その上で部品はムーブメントとして組み立てられます。潤滑油は長く使われていくと品質が劣化し、部品の摩耗の原因になります。そこで、元々使われていた潤滑油は最初の部品洗浄の時に洗い流さます。よってオーバーホールの時に新しく潤滑油を再度注油することになります。組み直したムーブメントを調整、そしてケースやベルトを洗浄や傷があれば修復します。最後に時計として組み立てられオーバーホールは完了します。

男性